バイクの販売・買取・カスタム・メンテナンス…バイクのことなら− プロショップタカトリ −姫路市

プロショップタカトリトップページ > レストア・カスタム > 650ダブルディスク化計画
オーナーの依頼によりフロントブレーキの利きに不満があり
W650のフロントブレーキをダブルディスク化。

必要なパーツ:
ダブルディスク用のスポークホイル(18inch×3.00)、ディスクプレート2枚
キャリパー(片押し式2ポット)2個、マスターシリンダー(5/8インチ)、
ブレーキホース(ステンメッシュ)、チューブ、タイヤ(TT100 110/90-18)
ホイルベアリング、ハンドル

加工が必要なパーツ又はワンオフパーツ:
スペーサーカラー、フォークアウターチューブのキャリパーの取り付け部の切削加工

・・・まずはフロントホイルの取り付け・・・


内径20mmのベアリング
〇社製フロントフォークアクスルシャフトが15mm。〇社製フロントホイルのシャフト径が20mm

内径15mmのベアリングへ交換
外径が同じで内径15mmを使用

ホイルスペーサーカラーの製作
工場に所狭しにある年季の
入った旋盤


Fフォークです


ここまでは順調にいけました

しかしキャリパーが〜!?

こんな感じです

ブレーキキャリパー取り付け
方押し式2ポッドキャリパー

キャリパーマウント部切削
ホイルバブが幅広なのでここを追い込み加工しないとキャリバーが付きませんでした

キャリパー装着
ブレーキもメッシュホースに変更しました


フロントタイヤのサイズが太めですね。 ワンサイズ細くしてもいいと思いますが、オーナーは納得してました。 試乗ではこの太いタイヤが思いのほか良くて、安定感が以前より増して います。サスペンションも柔らかすぎずここままでもOKです。 この後、フォークブーツを取り付ける予定です。 アンダーチューブを黒に塗装するとイメージがよくなるかな?

ブレーキマスターは14φを使用していますので、5/8と比べ少し柔らかい タッチです。利きは十分満足のいけるものとなりました。 課題は、Fフェンダーとの取り付け方法とパーツ調達です。